2011年11月17日

犬のしつけ 噛み癖 子犬




犬のしつけでは、間違ったやり方をしてしまうと、犬の不安や恐怖、あなたへの不信感を余計に大きくさせます。


その結果、犬が自分の身を守ろうとして吠える、唸る、暴れるといった問題行動が目立つようになります。



たとえば、犬に力づく何かを覚えさせようとするのは、あなたへの不信感を募らせます。


そして、悪いことをして叱る行為は特に慎重にやらないと、不信感のほか、恐怖も与えかねません。



愛犬に人間社会で生きるためのルールを覚えてもらうためには、

犬が理解できる方法でしつけをすることが重要です。



難しいことではなく、小学生でも実践できるような簡単なことなので、

正しいやり方さえ実践すれば、↓のような悩みなんて、すぐになくなっていきます。




■なぜ自分の愛犬だけ。。と考えてしまうことがある

■どう接していけばよいのかわからない

■力づくで言うことを聞かせようとしてもだめだった

■大声で呼びかけても答えてくれない





近寄ると唸るし吠えるし傍若無人な犬でも、あなたの言うことを良く聞くお利口さんになるにはこちら



posted by 森田誠 at 21:07| 犬のしつけ 噛み癖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。